更新情報・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お知らせ ★登録団体:「平成29年度活動報告書」の提出について
お知らせ イベント情報(登録団体・単発・連続)が見やすくなりました。
2018/02/19 「登録団体イベント情報」(『3月:2件,3月~:1件,4月:1件,5月:2件』)を更新しました。
2018/02/19 「単発イベント情報」(『2月:4件,3月:6件』)を更新しました。
2018/02/19 「連続イベント情報」(『4月~:1件』)を更新しました。
2018/02/17 「登録団体イベント情報」(『3月:1件,4月~:1件』)を更新しました。
2018/02/15 「まちぴあ主催情報」(まちぴあ貸しオフィス入居団体事業報告会)を更新しました。
2018/02/13 「情報Pick UP!」(交通まちづくりシンポジウム)を更新しました。
2018/02/13 「情報Pick UP!」(企業とNPO等との協働対話フォーラム)を更新しました。
2018/02/13 「研修室予約状況(2月13日分)」を更新しました。
2018/02/12 「情報Pick UP!」(朗読コンサート3.11私たちは忘れない)を更新しました。
2018/02/12 「情報Pick UP!」(栃木県GA・ギャマノン合同OSM)を更新しました。
2018/02/09 「情報Pick UP!」(平成29年度小地域福祉活動推進セミナー)を更新しました。
2018/02/08 「情報Pick UP!」(とちぎユースチャレンジ応援事業活動成果報告会)を更新しました。
2018/02/08 「助成情報」(地域福祉を支援する「わかば基金」)を更新しました。
2018/02/06 「情報Pick UP!」(青少年の自立を支える会コンサート)を更新しました。
2018/02/05 「ボランティア情報」(『MiYARAN2018(3/23まで)』)を更新し
2018/02/05 「ボランティア情報」(『うつのみや百年花火』)を更新しました。
お知らせ 『情報誌2018 冬号(No.24)』を公開しました。
2018/02/04 「研修室予約状況(2月4日分)」を更新しました。
2018/02/03 「ボランティア情報」(『青少年の自立を支える会コンサート』)を更新しました。
2018/02/01 「ボランティア情報」(『仕事と子育て両立支援センタースタッフ』)を更新しました。
2018/01/30 「ボランティア情報」(『歴史的建造物と古楽器コンサートボランティア』)を更新しました。
2018/01/30 「ボランティア情報」(『ピルエット2月“障がい者乗馬ボランティア”』)を更新しました。
2018/01/25 「情報Pick UP!」(「栃木県若年者支援機構シンポジウム」)を更新しました。
2018/01/25 「情報Pick UP!」(真岡市市民活動推進センター開設10周年記念事業)を更新しました。
2018/01/25 「情報Pick UP!」(「第九回とちぎ将棋まつり」)を更新しました。
2018/01/23 「ボランティア情報」(『バルーンボランティア平成30年2月』)を更新しました。
2018/01/23 「研修室予約状況(1月22日分)」を更新しました。
2018/01/19 「情報Pick UP!」(トチギ環境未来基地「1週間ワークキャンプ」)を更新しました。
2018/01/14 「情報Pick UP!」(指定管理者基本条例案について学ぶ学習会)を更新しました。
2017/01/14 「まちぴあ関連情報」(Resonanz Barock Consort in文化財)を更新しました。
2018/01/12 「情報Pick UP!」(栃木県「企業とNPO等との協働対話フォーラム」)を更新しました。
2018/01/09 「情報Pick UP!」(MCFオーケストラとちぎ「キッズコンサートvol.3」)を更新しました。
2018/01/05 「情報Pick UP!」(第2回宇都宮大学地域デザインセンターシンポジウム)を更新しました。
2017/12/28 「まちぴあ関連情報」(コミュニティボランティア体験事業2017報告会)を更新しました。
2017/12/28 「情報Pick UP!」(SIL「ベトナム語会話教室~超初級編~」)を更新しました。
2017/12/26 「情報Pick UP!」(栃木県マネジメント強化事業~PRを高める~)を更新しました。
2017/12/26 「助成情報」(「ベネッセこども基金助成金」)を更新しました。
2017/12/26 「ボランティア情報」(『ピルエット1月“障がい者乗馬ボランティア”』)を更新しました。
2017/12/23 「情報Pick UP!」(「森林里山保全活動に関するシンポジウム」)を更新しました。
2017/12/23 「情報Pick UP!」(ワンコイン講座(通称「渡邉ゼミ」))を更新しました。
2017/12/23 「情報Pick UP!」(栃木県アルコール関連問題研究会)を更新しました。
2017/12/22 「まちぴあ主催情報」(若者とまちづくりシンポジウム)を更新しました。
2017/12/22 「まちぴあ主催情報」(まちぴあコミュニティビジネス講座2018)を更新しました。
2017/12/22 「まちぴあ主催情報」(第2回ブロンズ世代から始めるアクティブライフ)を更新しました。
2017/12/13 「情報Pick UP!」(「小児在宅医療体制構築事業家庭支援に関する公開講座」)を更新しました。
2017/12/11 「まちぴあ関連情報」(第10回三依杯雪合戦~熱い冬、知ってる?~)を更新しました。
2017/12/09 「情報Pick UP!」(「地域の福祉向上にむけて 講演・実践発表など」)を更新しました。
2017/12/06 「情報Pick UP!」(「第10回栃木県チャレラン大会」)を更新しました。
2017/12/05 「まちぴあ協力情報」(「第6回どん底大会」)を更新しました。
2017/12/05 「ボランティア情報」(『バルーンボランティア平成30年1月』)を更新しました。
2017/12/03 「まちぴあ主催情報」(プチ起業立ち上げ連続講座「小さく始める秘訣」)を更新しました。
2017/12/02 「情報Pick UP!」(「宇都宮市まちなみ景観賞 表彰式/講演会」)を更新しました。
2017/12/02 「ボランティア情報」(『ピルエット12月“障がい者乗馬ボランティア”』)を更新しました。



イベント情報 PickUP!

2月25日(日)第19回青少年の自立を支える会コンサート~MAMBO INN 他出演~

日 時 2018年2月25日(日)開演15:30(開場15:00)
会 場 宇都宮市文化会館 大ホール(宇都宮市明保野町7−66)
内 容 第19回 青少年の自立を支える会コンサート 「日米トップミュージシャンによる極上のラテン・ジャズ・ユニットMAMBO INN(マンボ イン)」

★★★このコンサートは、出演者の無料出演の協力を得て開催するチャリティコンサートです。収益は、宇都宮市内の社会的養護施設等の運営費用として、親からの虐待などで家庭において適切な養育を受けることができない子どもたちを支援するために使われます。★★★

ラテンの王様として君臨した故ティト・プエンテの楽団でサックスを担当していたスティーブ・サックスが結成したラテン・ジャズ・ユニット! ラテン・ジャズ・スタンダードや世界の名曲をマンボやラテン・ジャズにアレンジしたご機嫌な演奏をお届けします!

『青少年の自立を支える会コンサート』ボランティア募集(2/23締切)


●チケット: 1,000円(全席自由)
※3歳以下無料(無料託児コーナーあり) 、チケット購入:コンサートチケットは、自立援助ホーム「星の家」と各プレイガイドなどでお求めになれます。また、郵便振込でもご購入できます。

出演 : 
・MAMBO INN(ラテン・ジャズ・ユニット)
・石川典子と仲間達(アフリカンダンス&ミュージックチーム)
・宇都宮ワールドソウルコーラス
【取り扱い店でのご購入 】
・自立援助ホーム「星の家」
・宇都宮市文化会館プレイガイド
・下野新聞NEWS CAFE
・栃木県総合文化センタープレイガイド
・FKDショッピングモール宇都宮インターパーク店2階
・FKDショッピングプラザ宇都宮3階
・上野楽器店本店
・協賛団体ほか
【郵便振替でのご購入 】郵便払込取扱用紙に次のように必要事項をご記入の上、お近くの郵便局よりご送金ください。

[ 口座記号・番号 ]  00120-1-427609
[ 加入者名 ]  青少年の自立を支える会(コンサート)
[ 通信欄 ]  *チケットご購入枚数と合計金額をご記入ください。
(ご記入例) コンサートチケット(1,000円) × ○○枚=○○,○○○円
なお、領収書が必要な場合には「領収書要」などとご記入ください。
[ ご依頼人 ]  ご住所、お名前、電話番号

・お振込が確認でき次第、ご依頼人宛にチケットを郵送(送料本会負担)いたします。
・なお、チケットがお手元に届くまでにはお振込日から10日間程度要しますので、お早目にお申込みをお願いします。
問合先 自立援助ホーム「星の家」(認定NPO法人青少年の自立を支える会 )
〒320-0037 栃木県宇都宮市清住1-3-48
電話:028-666-6023 

2月28日(水)締切:栃木県社会福祉協議会「平成29年度小地域福祉活動推進セミナー」 

日 時 2018年3月5日(月)13:30~16:00(受付13:00) 締切:2/28(水)
会 場 栃木県庁研修館 4階講堂(宇都宮市塙田1-1-20)
内 容 平成29年度小地域福祉活動推進セミナー

近年、地域を取り巻く情勢や住民の生活課題が複雑多様化しております。従来の法や制度による支援に加え、住民相互が自らの生活する地域の課題に気づき、ともに支え合い、助け合いの行動を行うことで海内を解決していく「小地域福祉活動」の拡充が期待されております。

そこで、県内における小地域福祉活動をさらに推進し、地域の実践者、専門職ともに実践を深めていくための機会とすることを目的として、本セミナーを開催いたします。
≪プログラム≫
13:30~13:40 開会、オリエンテーション

13:40~16:00 講演・実践発表/パネルディスカッション
■講演「小地域福祉活動に取り組む意義」
講 師: 国際医療福祉大学 医療福祉学部 
医療福祉・マネジメント学科 准教授 大石 剛史氏

■実践発表/パネルディスカッション
1)那須烏山市南自治会気がつき隊活動の取り組み
発表者 那須烏山市南自治会 会長 堀江 進一氏

2)足利市内地区社協のサロン活動の取り組み
発表者 足利市社会福祉協議会地域福祉課 主任主事 中西 聖氏

3)小地域福祉活動と民生委員児童委員との連携の取り組み
発表者 宇都宮市中央地区民生委員児童委員協議会
会長 影山 房與氏

コーディネーター:国際医療福祉大学 医療福祉学部 
医療福祉・マネジメント学科 准教授 大石 剛史氏
参加対象
その他
参加対象:小地域福祉活動の実践者、支援者等の関係者
社会福祉協議会役員・構成員、福祉協力員、社会福祉協議会役職員、民生委員児童委員、主任児童委員、地域包括支援センター職員、障害者相談支援センター職員、NPO法人役職員、中間支援施設職員、行政職員、ボランティア、学生など

定 員: 先着150名  参加費: 無料
問合せ・申込み 栃木県社会福祉協議会 地域福祉・ボランティア課(担当:白石・矢口)
TEL: 028(622)0525  FAX:028(621)5298

3月3日(土)平成29年度とちぎユースチャレンジ応援事業活動成果報告会

日 時 2018年3月3日(土)13:00~16:45 (一般受付開始12:50)
会 場 とちぎ青少年センター 第1・第2研修室(宇都宮市駒生1丁目1-6)
内 容 平成29年度とちぎユースチャレンジ応援事業活動成果報告会

とちぎユースチャレンジ応援事業とは:若者が自ら企画し実行する、青少年の健全育成を目指した社会参加活動事業を募集し、活動費の補助(上限10 万円)及びアドバイザーによる助言・指導等を行うことにより、若者の社会参加のチャレンジを応援することを目的としています。※対象は、おおむね18歳から30歳までの若者2人以上が中心となって活動する団体・グループです。
≪プログラム≫
13:05~15:15 事業実施団体による活動成果報告
15:25~16:40 講話・意見交換
「今求められていること―SDGsの達成に向けて―」
講師:宇都宮大学教育学部教授 陣内 雄次 氏
16:40~16:45 平成30 年度とちぎユースチャレンジ応援事業の説明

【平成29年度とちぎユースチャレンジ応援事業実施団体等】
横枕青年団 未来会 (那須烏山市)
            /ど田舎創生 横枕青年団ど田舎祭り
横枕青年団の若手が中心になって、フリーマーケット、サッカー教室、陸上教室の開催及び横枕地区産の食材を使用した模擬店を実施。地域での社会参加活動を活発化することに挑戦しました。

あいあい食堂(宇都宮市)/コミュニティ食堂
子どもたちが地域の大人に愛されているという実感をもって育つことを目的に、地域に根ざした子ども食堂の運営に挑戦しました。

こどものまちUST 実行委員会(宇都宮市)/こどものまちUST
遊びながら社会の仕組みを学べるように、こどもだけでつくるまち「こどものまちUST」を開催し、学校の子どもたちだけでなく、大人も含めた様々な年代との交流の場をつくることに挑戦しました。

一般社団法人えんがお(大田原市)
             /市民参加型支え合いプロジェクト
介護保険で対応できない高齢者の生活の困りごとを、学生ボランティアとともに支援し、高齢者の孤立化の予防と解消をする地域の仕組みづくりに挑戦しました。

チャレンジing SHS(South High School)(那須塩原市)
     /俺たちの夏!この時、この場所から始まる思い出のstart
今年度スタートしたコミュニティに参加し、盆踊りの企画・準備や出店に携わることで、地域を愛し、まちを大切に思う気持ちを次世代につなげていくための活動に挑戦しました。

水棲む森(日光市)/フォレストスクール
小学生、中学生を対象とした木の伐採、加工の見学、木工教室を開催することにより、木に興味・関心を持ってもらうきっかけづくりに挑戦しました。
対象・参加費 対 象: 興味ある方は、どなたでも参加できます。
※参加申込書にてお申し込みください。

参加費: 無料
申込み 栃木県 県民生活部 人権・青少年男女参画課 青少年育成担当
TEL: 028-623-3075
FAX:  028-623-3150  メール: seishonen-danjo@pref.tochigi.jp

3月4日(日)歌と朗読のグループ虹色「朗読コンサート 3.11私たちは忘れない」

日 時 2018年3月4日(日)13:30~15:00(開場13:00~)
場 所 宇都宮南生涯学習センター(宇都宮市江曽島2-4-23)
内 容 歌と朗読のグループ虹色
「朗読コンサート 3.11私たちは忘れない」

昨年「朗読コンサート3.11私たちは忘れない」の様子

東日本大震災から7年。いまだに当時の記憶が生々しく脳裏から離れません。 被害はかつてないほど甚大で、今なお多くの方が不自由な生活を余儀なくされておられます。 

2012年から続けているこのコンサート。 被災された方の「忘れないで欲しい」という思いを受けて始めました。 今年もまた、その方達のお声が皆さまに届くことを願いながら・・・

どうぞ、お誘いのうえ、お出かけください。 
*震災にも負けずに咲いたど根性ヒマワリの種をお分け致します。
≪駐車場について≫
センター内の駐車場が満車の場合は、北側の黒田内科 薬局駐車場をご利用ください。
問合せ 歌と朗読のグループ虹色 菊地晶子  TEL: 028-643-3307

New3月8日(木)企業の協働参加促進事業「企業とNPO等との協働対話フォーラム」

日 時 201838()13:0016:30(開場12:30)
会 場  栃木県庁東館4階 講堂(宇都宮市塙田1丁目1120)
内 容 企業の協働参加促進事業「企業とNPO等との協働対話フォーラム」
~地域づくりの課題解決に向けて、企業とNPO等が協働の可能性を探る出会いの場です。~

≪プログラム≫
第一部:基調講演(13:10~14:00)
「新たな視点から新たな価値を創造する連携・協働」
講 師: 長沢 恵美子氏(一般社団法人日本経済団体連合会 教育・CSR本部統括主幹)

プロフィール:1983年、経団連事務局入局。96年から企業の社会貢献活動の推進を担当。03年からは企業の社会的責任(CSR)の推進も担当し、ISOにおける社会的責任の規格づくりに参加する経済界代表をサポート。09年研修や出版などの事業を行う経団連事業サービスに出向。17年4月から現職。2017年11月の企業行動憲章の確定作業を担当。社会的課題解決には、マルチステークホルダーの連携が鍵と信じている。

第二部:企業とNPO等との協働相談会(14:10~16:30)
協働相談会は、企業とNPO等が今後の具体的な協働の可能性について、直接相談していただくものです。
※なお、相談会会場の都合上、参加者申込者多数の場合、先着順となりますことを予めご了承下さい。
その他 定 員: 100名 ※当日参加可  参加費: 無料 
主 催: 栃木県  実 施: とちぎ協働デザインリーグ
問合せ・申込み とちぎ協働デザインリーグ(〒320-0032 栃木県宇都宮市昭和2-2-7)
問合せTEL: 028-623-3455
申込みFAX: 028-623-3465
申込みメール: popola@tochigi-vnpo.net

New3月22日(木)交通まちづくりシンポジウム「歩いて楽しい街うつのみや」

日 時 2018年3月22日(木)14:00~16:30
会 場 宇都宮共和大学 宇都宮シティキャンパス401講義室
(宇都宮市大通り1-3-18)
内 容 交通まちづくりシンポジウム「歩いて楽しい街うつのみや」

『基調講演』公共交通とクルマの「かしこい」付き合い方
・講 師: 藤井 聡氏(京都大学大学院工学研究科教授)

『座談会』テーマ「歩いて楽しい街 うつのみや」
【話し手】
・藤井 聡  氏(京都大学大学院工学研究科教授)
・吉田 信博 氏(宇都宮市 副市長)
・吉田 元  氏(関東自動車(株)取締役専務執行役員)
・多里 まりな氏(下野新聞社宇都宮まちなか支局記者)

【聞き手】
・須賀 英之
(栃木県LRT研究会作業部会長・宇都宮まちづくり推進機構理事長)
その他 定 員: 150名(申込先着順)
参加費: 1,000円(当日会場でお預かりします。)
申込方法: 
お名前・住所・電話番号等を記載の
うえ、FAXまたはメールにてお申込みください。
申込み・問合せ NPO法人宇都宮まちづくり推進機構
TEL: 028-632-8215  FAX: 028-636-7421
メール: u_kikoh@ucatv.ne.jp

3月25日(日)「栃木県GA・ギャマノン合同OSM(オープン・スピーカーズ・ミーティング)」

日 時 2018年3月25日(日)13:00~16:00(フェロー16:45まで)
場 所 宇都宮市富屋地区市民センター(宇都宮市徳次郎80-2)
内 容 栃木県GA・ギャマノン合同OSM
回復の道は続く~仲間の手を離さずに~

GAはギャンブルの問題を抱える本人の方のための自助グループです。ギャマノンは、家族、友人のギャンブル問題によって影響を受けた方のための自助グループです。

対 象: どなたでも参加できます。  参加費: 無料
※会場は飲食可能ですが、万が一汚して
  しまった場合などは、会場の現状回復にご協力ください、

≪プログラム≫
12:45~ 受付開始      13:00~ はじまりの挨拶
13:10~ 仲間の話      15:45~ グループ紹介
15:55~ おわりのあいさつ 16:00~ ハンドリング
16:10~ フェロー(クールダウンミーティング)
※上記のプログラムは予定です。
  変更になることもありますのでご了承ください。
保育をご希望の方は準備の都合上2月28日までに下記までご連絡ください。 1000円/人/日で承ります。(二人以上の場合一人につき500円追加)その他の問合せも下記にお願いします。
問合せ メール: phniku7@gmail.com

まちぴあ主催(他関連)イベント情報

(タイトルをクリックすると、詳しい内容が表示されます)

2018年2月24日(土)主催「まちぴあコミュニティビジネス講座2018」

日 時 2018年2月24日(土)13:30~16:00
会 場 宇都宮大学UUプラザ 2Fコミュニティフロア(宇都宮市峰町350)
内 容 主 催: 宇都宮市まちづくりセンター 
共 催: 宇都宮大学教育学部陣内研究室
『まちぴあコミュニティビジネス講座2018』
カフェだけで終わらせない!場づくりが育むコミュニティ
~カフェから飛び出す!まちとつながるコミュニティカフェ運営とは~

『コミュニティカフェって普通のカフェと何が違うの??』
地域課題をビジネスの手法を用いて解決するコミュニティビジネス、その代表例がコミュニティカフェ。 カフェをいう空間を活用することで、カフェを起点に始まる・広がるまちづくりを紹介します。
≪第1部 講演≫
『cafeから始まるおもしろまちづくり~コミュニティカフェ・
          コミュニティビジネスの運営のツボを学ぼう!』

講師:齋藤 保 氏(株式会社イータウン代表取締役)

≪第2部 県内のコミュニティカフェ事例≫
HAYAKIKAZE Cafe(さくら市)  ◆そらまめ食堂(真岡市)

≪第3部 トークセッション≫
コーディネーター:陣内 雄次 氏
(宇都宮大学教育学部教授/コミュニティカフェ「ソノツギ」
ゲスト:齋藤 保 氏
(株式会社イータウン代表取締役/港南台タウンカフェ)
ゲスト:岩﨑 崇 氏
(はやき風株式会社代表取締役/HAYAKIKAZE Cafe)
ゲスト:成田 雪子 氏
(NPO法人手仕事工房そらサービス管理責任者/そらまめ食堂)

【講師 齋藤保氏 株式会社イータウン 代表取締役】
2002年に起業し、「cafeからはじまるおもしろまちづくり」をキャッチフレーズにコミュニティカフェの運営を行う。2007年からはコミュニティカフェ・ソーシャルビジネス支援事業プロデューサーとして各地のまちづくり支援に取り組む。

『港南台タウンカフェ』・・・2005年に誕生。小箱ショップやプチ教室、カフェサロンでのイベントを実施。また地域情報発信や地域交流イベントの企画運営等を通じて、学生ボランティアや地域の主婦、小箱オーナーらが主体的に関われる仕掛けづくりの実践を行う。

【ゲスト 岩﨑崇氏 はやき風株式会社 代表取締役】
害虫駆除会社に15年間勤務後、2009年にはやき風株式会社を設立。害虫防除事業・環境保全事業の他、モルタル造形デザイン・施工を行う「DECO WALL事業」を新たに立ち上げる。 さくら市のまち並みをDECO WALLで盛り上げる「町デコ」プロジェクトを進めている。

『HAYAKIKAZE cafe』・・・喜連川商店街の一角にオフィスを構える「はやき風株式会社」が、地域活性化のため事務所をリノベーションしてオープンしたカフェ。地域の人々の交流の場の他、地域のコミュニティーと都市部の人をつなぐ喜連川の窓口、情報発信基地としての役割も期待されている。

【ゲスト 成田雪子氏 NPO法人手仕事工房そらサービス管理責任者】
2010年、NPO法人「手仕事工房そら」の立ち上げに参加。翌年4月に障害者就労継続支援B型事業所のサービス管理責任者としてスタートする。半年後に「そらまめ食堂」を開店し、なりゆき店長として奮闘中!

『そらまめ食堂』・・・6年前、知的障害者の働く場を作ることを目的に真岡市に誕生したが、今や発達障害や精神障害の方たちが多く働くようになり、社会の中で生きづらい人たちの居場所となりつつある。客層は若い主婦や学生が多く、福祉を感じさせないのが自慢。

【コーディネーター  陣内 雄次 氏 宇都宮大学教育学部 教授】
NPO法人宇都宮まちづくり市民工房の理事長としてまちづくりの実践に関わるとともに、大学の近くでコミュニティカフェ「ソノツギ」(前身は「ソノヨコ」)を10年以上にわたり運営している。著書に「コミュニティ・カフェと市民育ち」(共著、2007年、萌文社)など。

『コミュニティカフェ「 ソノツギ」』・・・陣内教授を中心とした市民グループが”市民の手による市民のためのコミュニティービジネス支援施設”として設置。研究室ゼミ生や宇大サークル、市民グループなどが『日替わり店主』という形で、共同運営している。
申込方法 ※本申込書にご記入いただいた個人情報は、講座運営に
  関する連絡、各種講座情報提供の目的のみに使用します。
◆メールで申込: 申込書の必要事項を入力の上、
             info@u-machipia.orgへ送信してください。
◆電話で申込: 宇都宮市まちづくりセンターまちぴあ
               TEL 028-661-2778にお電話ください。
◆FAXで申込: チラシPDFを出力し申込書にご記入の上、
              FAX 028-689-2731に送信してください。
Newまちぴあコミュニティビジネス講座2018参加申込フォーム
問い合わせ 宇都宮市まちづくりセンターまちぴあ 
(〒321-0954 宇都宮市元今泉5-9-7)
TEL 028-661-2778 FAX 028-689-2731 
E-mail info@u-machipia.org 
facebook: @umachipia  twitter:@machipia

2018年3月3日(土)主催「若者とまちづくりシンポジウム」~学校と地域の連携から見えてくる未来~

日 時 2018年3月3日(土)13:30~16:00(開場13:00)
会 場 宇都宮大学陽東キャンパスアカデミアホール(宇都宮市陽東7-1-2)
内 容 主 催: 宇都宮市まちづくりセンター 
まちぴあ まちづくりシンポジウム2018
        × 宇大地域デザイン科学部 地域デザイン研究会
『若者とまちづくり ~学校と地域の連携から見えてくる未来~』

少子化、高齢化が急速に進む日本ですが、その将来を考える上で若い世代の視点は不可欠です。 県内でも宇都宮大学に新学部が創設されるなど、若者のまちづくりへの参画を後押しする環境が整ってきました。

今回のシンポジウムでは、ここ数年取り組みが活発化している学校と地域との連携に焦点をあて、その概要を2つの事例を交えてご紹介致します。 次の時代を担う若者、特に高校生が、身近な地域社会の現状を踏まえて課題の解決を実現している様子を共有できる機会ですので、世代を超えて多くの皆様がご参加下さいますようお待ちしております。
≪プログラム≫
13:30~14:30 第1部 基調講演
「学校と地域の連携による地域課題解決への取り組み」
●講師: 若園 雄志郎氏
(宇都宮大学地域デザイン科学部コミュニティデザイン科 准教授)

『プロフィール』 2010年に北海道大学アイヌ・先住民研究センター博士研究員に着任、2013年に宇都宮大学基盤教育センター特任准教授着任、同年に博士(教育学)を取得。 2016年に同大学地域デザイン科学部准教授、現在に至る。専門分野は、社会教育、博物館教育、多文化共生・マイノリティ教育。

14:40~15:20 第2部 事例発表
その1:烏山高の取り組み
【地域課題解決型キャリア教育「烏山学」】・・・将来、地域社会で活躍するリーダーを育成することを目的に那須烏山市や県内複数の大学、那須烏山市社会福祉協議会をはじめとする地域の諸団体と連携して行う、地域をフィールドにしたアクティブラーニング型の進路学習。今年度は1学年の全生徒を対象に、共通プログラム「山あげ体験学習」及び、14の選択プログラムを実施。

栃木県立烏山高等学校・・・平成20年に烏山高等学校と烏山女子高等学校を統合し、男女共学として開校。地域・社会のリーダー、地域・社会に貢献する『グローカル人材』の育成に力を入れている。

その2:日光明峰高の取り組み
【学校×地域連携プロジェクト】・・・学校周辺の花石町・久次良町・安良沢町・裏見台自治会の4自治会、安良沢小学校、日光中学校、日光市社会福祉協議会等と連携・交流し、地域の課題に積極的に関わりながら、高校生の地域社会に対する関心を高め、社会の一員としての自覚を深め、地域のために貢献できる意欲や態度を育成することを目指した活動を行っている。

15:20~16:00 第3部 会場とのトークセッション
「学校と地域の連携から見えてくる未来とは?」 ナビゲーター 若園 雄志郎 氏会場の皆さんにも参加して頂き、事例発表以外の取り組みや実際に活動して感じたことを共有します高校生のホンネ、地域連携教員の苦悩、地域からの期待…待ったなしの地域課題と変革する学校教育学校と地域が連携することで見えてくる、若者の未来像・地域のあり方とは??
●定 員: 200名(先着申込順)

●費 用: 無料 

●対 象: 高校生・大学生、学校関係者、地縁組織など
共催他 共    催: 宇都宮大学地域デザイン科学部
企画・協力: 
宇都宮大学地域デザイン科学部附属地域デザインセンター
後    援: 栃木県教育研究会、栃木県コミュニティ協会
申込方法 まちづくりシンポジウム2018 特設ページより申込み
またはまちづくりシンポジウム参加申込書を出力しFAX
問い合わせ 宇都宮市まちづくりセンターまちぴあ 
(〒321-0954 宇都宮市元今泉5-9-7)
TEL 028-661-2778 FAX 028-689-2731 
E-mail info@u-machipia.org 
facebook: @umachipia  twitter:@machipia

New2018年3月23日(金)宇都宮市まちづくりセンター貸しオフィス入居団体事業報告会

日 時 2017年3月23日(金)13:30~16:00
会 場 宇都宮市まちづくりセンターまちぴあ研修室AB
(宇都宮市元今泉5-9-7)
内 容 宇都宮市まちづくりセンター
貸しオフィス入居団体事業報告会


市民活動団体向け「オフィス」と地域への貢献
今、全国で市民活動団体向けのオフィスが増えています。団体がオフィスという拠点を持つことで、運営や管理がしやすくなり、事業の拡大や発展が期待できます。 地域に根差した団体の発展は、市民によるまちづくりにも良い影響をもたらします。

この報告会では、当センターの“貸オフィス”に入居されている団体の皆様から、日ごろの活動内容やオフィスの効果について発表していただきます。 活動場所の提供を通じた地域貢献について皆さんで考えてみませんか。ご参加をお待ちしています。

●定 員: 10名程度 ※3/10申込締切

●参加費: 無料
≪平成29年度宇都宮市まちづくりセンター貸オフィス入居団体≫
TNJ在日タイ人ネットワーク栃木支部・・・在日タイ人が日本社会で生活する上での諸問題に対し、政府・行政など公共機関とも連携した支援活動なども行う。

一般社団法人ヘルスフードマイスター協会・・・食と健康に関する講座・セミナーの開催、マイスターの講師派遣等を行う。

NPO法人デックタイグループ・・・在日タイ人の生活支援(語学教室・移動大使館等)やタイ文化の紹介・交流会を行う。

とちぎ思春期研究会・・・思春期の子どもたちの性的発達に伴う身体の変化など諸問題について研究し、共通理解と相互連携を図る取り組みを行う。

とちぎセルフヘルプ情報支援センター・・・県内外のセルフヘルプグループ(なんらかの生きづらさを抱えた当事者同士の集まり)の情報提供と支援を行う。

とち木木の会・・・産学官連携により林地残材などの未利用樹木の利用法を開発するなどして地球温暖化防止活動を推進する。

栃木県健康管理士会・・・病気をつくらない予防医学の広報として、健康アドバイス・出前セミナー等を行う。

NPO法人仕事と子育て両立支援センター・・・すべての人の職業生活と家庭生活を両立のために、ベビーシッター・体調不良児保育等を行う。

NPO法人宇都宮市ウオーキング協会・・・宇都宮市民へのウオーキング普及推進のため、ウオーキング大会・ウオーキング教室等を行う。

公益社団法人日本技術士会栃木県支部・・・県内企業への各種技術指導や児童向け科学教室等を通じて、地域の人と文化と技術をつなぐ。
申込方法 ①参加者名②所属(団体名)③連絡先④メールアドレスを記入の上、FAXまたはメールで下記連絡先までご連絡ください。
申込み・問合せ 宇都宮市まちづくりセンターまちぴあ(担当:小林)
TEL: 028-661-2778
FAX: 028-689-2731
メール: info@u-machipia.org
  •   






 宇都宮市まちづくりセンター まちぴあ(〒321‐0954 栃木県宇都宮市元今泉5-9-7)
 開館時間:  9:00-21:30(月-土) / 9:00-17:00(日・祝日)  休館日:臨時休館年2回/年末年始
 TEL: 028-661-2778  FAX: 028-689-2731 MAIL: info@u-machipia.org